一般売却と任意売却の違い

一般売却と任意売却は形式上には大きな違いがありません。大きな違いは売主の経済力と、ローン残高の支払い方法です。ローン残高が物件価格を上回る場合を想定します。
一般売却の場合はローン残高から物件価格を引いた差額の全額を一括で支払ってローン返却及び売却とします。一方、任意売却の場合はローン残高から物件価格を引いた差額を無理のない範囲で分割して支払う事になります。多くの場合は月々1~2万円程度で高くても、月々3万円程度になります。一括で支払う場合に比べ、売主への負担が小さくなることが分かります。これを聞く限り、多くの人々が任意売却を行いたいと考えるはずです。
しかし、これはあくまでも返済能力のない人への救済措置であるため、そう簡単には認められません。連帯保証人に返済能力があると認められた場合はそちらに一括での支払いが請求されます。周囲に当然迷惑がかかります。また、自身に経済力がないという事を証明するために生活状況報告書を提出したり、一般売却には無かった債権者との複雑かつ大変な様々な交渉を行わなければなりません。任意売却会社に依頼をしても交渉は請け負ってもらえないこともあるほどの大変な苦行です。参考:http://www.cpdrhu.org/
任意売却と一般売却の違いを調べると、メリットの事ばかりが書いてありますが、大きなデメリットが存在しているという事に注意しましょう。